クリニカル・リーズニング

約2か月ぶりの更新となりますが、今日はクリニカル・リーズニングについて考えていきたいと思います。

今、理学療法の世界では、このクリニカル・リーズニングの重要性を非常に問われています。


どういうことかというと、簡単にいえば名探偵が犯人をたどりつくときに、一つの情報から様々な推理(仮説)を立て、頭の中で実践検証し、一番確実な証拠にたどりつく仮説から犯人を割り出すときの思考過程といえます。

ですので、医師や鍼灸・マッサージの分野における対症療法とは全く異なる点があります。

例えば、「腰が痛い」と患者さんが来院された場合、多くの医師はその痛みに対する処置(投薬等)は行いますが、その起こっている原因については、X-Pによる骨の確認等は行うものの、軟部組織や関節などまたその痛みを作り出している原因については深くは追求しません。

理学療法では、この痛みを引き起こしているのは「なぜか?」ということを追求していくことが専門性であると言えます。


このクリニカル・リーズニングの臨床実践の中で感じた有用性は、上述したように、「腰が痛い」症状を引き起こしている原因は「腰」に限局しているとは限らないという思考回路を持てるので、問題点を把握する可能性が高い。つまり、幅広く多角的に攻められるという利点があると思います。

ですので、私はこの更新のない2ヶ月間、クリニカル・リーズニングをしっかりと臨床で考えることで様々な発見をすることができました。

職員教育や学生指導の中にも取り入れることで、2~3回指導をすると驚くほど、思考能力「考え方」が変わった人もいます。

ということは、潜在的に持っているということですね。

これからしばらくは、こうした臨床実践例の中でクリニカル・リーズニングについて考えていきたいと思います。
[PR]

by kengou0820 | 2011-11-13 10:32 | リハビリの研究~文献抄読~