逃げと攻め

新しい環境に変わり、難しく感じていること・・・。

それは、攻め際と逃げ際。

どういうことか・・・。


逃げるときは、相手の言うままにリハビリを行うこと。それは、信頼関係を作りやすいが、反面、発展的ではないことも多い。

攻めるときは、相手の意向に沿わないときもあり、信頼関係を壊すこともあるが、逆に破壊力もあり、発展的になる可能性があること。


どちらがいいの・・・?


答えは分かりませんが、両方見失うととんでもないことになるということです。

リハビリは答えの明確ではない部分もあり、非常に難しい部分もありながら、結果ともにその根拠を求められます。

つまり、一方的なものではだめだし、沿い過ぎても、バランスを失う可能性があるのです。

今後は、この両方の兼ね合いを考えていく必要性がありそうです。
[PR]

by kengou0820 | 2012-09-28 22:40 | リハビリテーション実践日記