<   2008年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

まめちゃん:感じたかな!?

c0145975_22163831.jpg


 今日は朝10時頃にまめちゃんが来られました。

 フレンチブルドッグ 5歳 ♂で、まだまだやんちゃざかり。

 まず、最初に彼の行動を観察しながら、我慢がどれくらいできて集中できるか?関節はどれくらい動くか?感覚はどの程度か?など、普段から行なっている評価に入りました。

 彼の足の状態は悪く、拘縮に至る寸前だったのです。

 この状態では、足をまともにつくことは難しいので、今日の目標としてしっかりと関節を伸ばせるように考えて行きました。

 このように初回は、少しハードルを落として犬に対して介助の必要性を熟知してもらいます。

 失敗も当然ありますが、最近は相手の反応を確認しながら行ないますので、集中できるような場面によく遭遇するようになりました。

c0145975_22243989.jpg
c0145975_22252258.jpg


 これは介助後の車椅子評価です。

 普段は後足の曲がりが強すぎるようですが、飼い主様いわく、普段よりも足が伸びていたとのこと。

 よかったです・・・。

 詳細はいえませんが、足の裏の刺激に対して「キャイン」と初めて反応したようで、喜んでおられました。

 ある場所を刺激したことで、足の反応が少しずつよくなり、動かすようにもなりました。

 彼の動き方を見ていると、後足はほとんど無視されているような感じを受けていました。

 ですので、感覚を強く入れることはこの子にとって今最も必要なことでした。

 感覚入力は、今までのような尻尾ではなく、ある部位を刺激したことで今までにはない反応を見せてくれました。

 排尿・排便を促す意味でも重要な箇所なので、少し研究したいと思います066.gif

 次回も楽しみです。056.gif
[PR]

by kengou0820 | 2008-05-31 22:36 | リハビリテーション実践日記

paoくんの介助実施:ついに感じた変化!!

 題名の通り、pao君が変化を見せてくれました!

 まずは目の輝きが今までと全く異なること、身体の体温が今までと違っていたことです。

 私は、先週呼吸系を考えてみましたが、この結果かどうかは明確ではありませんが、明らかに身体の様子が変わったのです。

 これは、最初出会ったときに、触れた感触とは全く違うセンセーションを受けたのです。

 この変化については、pao君の飼い主さんにも伝わったらしく、ようやく介助の効果が現れたようです。

 
 このpao君の特徴というか、脳卒中を生じたためか、感覚の鈍さが著明に見られていました。

 更に、立つ練習などに感じられた感覚入力のエラーは、まさに失調症の特徴だった気がします。

 感覚入力のエラーとは、例えば立たせるように練習をしていて、その姿勢を維持させようと手を離すと、自分で感じるまもなく倒れてしまうことです。

 反応するまでに時間がかかるため、この場合明確に相手が反応しようとするまで、待つ必要性があります。

 脳梗塞などを生じた症例を持つ飼い主さんはこのことに注意してみてください。

 これについては、やはり臨床経験が生きている気がします。こうした経験の積み重ねがまさか犬の方面に通用するとは、全くの想定外です。

 新たなアプローチの方面に気づかされたのと同時に、私の手の繊細さもレベルアップしたような日でした。


 そして、いいことは重なるものでこの日のナナちゃんも復活!

 元気に歩き回っていたとのことで、先週の介助の後から元気になったらしく今日は階段も上り下りをしていました。

 エサをモチベーターにしての歩行訓練も絶好調。今までの倍の距離を歩く元気のよさ。

 先週の状態から一変。これって介助の効果??

 よくは分かりませんが、元気になった姿を見て、私は非常に喜びを得ました。

 理学療法士である以上、こうした経験は自分自身のやるきにもつながります!

 来週も頑張ると同時に、今度こそデジカメを忘れないようにしたいと思います。

 本当にごめんなさい007.gif
[PR]

by kengou0820 | 2008-05-31 00:18 | リハビリテーション実践日記

新企画を発案

 私のブログは固い表現ばかりで、かなり読みづらいのは、自分でも分かっています。007.gif

 医療系になるとどうしても、こういう感じになるんですよね・・・。

 そこで、考えたのは新しい企画のことです。ウル・ラブのつぶやきに加え、3人で旅行(といっても周辺の絶景を探す旅)に出かけようと思うんです。

 これは、いつもストレスをかけてしまっていることに対する私なりのお詫びで、自転車でのツーリングや車で山道を走り、そこでの絶景を見ながら散歩をする・・・、なんて楽しみを少しばかり犬たちと分かち合う企画です。

 私も山梨に来て8年になりますが、色々出かけたつもりでも、まだまだ未知の場所って一杯あります。

 なぜこんなことを思いついたのかといいますと、今日頭が重くて、診察を待っていたときに偶然見つけた絶景百選という資料を見たからでした005.gif

 そのとき、このいい景色を持つ山梨を堪能しないのは、もったいないと思い、この企画を思いつきました。

 思いつくということは、更新もあいまいになりそうなので、気になる方だけ見てくださいね。012.gif

 出張も今日で無事終わり、いよいよ6月より元の職場に戻るわけですが、その日曜日を利用して出かけたいと思います。

 今回は近所ですので、自転車を利用しての移動。もちろんリュックサックにウル・ラブを乗せて出発です!!乞う ご期待!!003.gif
 
[PR]

by kengou0820 | 2008-05-30 20:04 | 愛犬・犬を綴る

今日は二匹とお散歩に行ってきました。

今日は、お休み!

ウルとラブをつれて、公園に散歩に行ってきました。

天気はよく、更に人もいなかったので、久しぶりにノーリードで好きなように走らせました。

帰ってからは、大好物のペディグリーチャムを食べさせると、ほとんど寝ていましたZZZ。

気持ちよかったんでしょうね。

その後少し出かけたのですが、いたずらもなくストレスが軽減したようです。

同じ散歩コースだけでなく、たまには違うところに行くということもいいみたいですね。

今日は納得の一日だったようです。

私は、何故か疲れる毎日。

動く気もせず、だらだら一日過ごしました。

今週で出張期間も終了。

いよいよ、前の職場に戻るわけですが、知らない人も多くて、少々緊張気味です。

8年もいる職場なのに、緊張するってどういうことでしょうね・・・。

今週は金曜日で終わって、ゆっくり身体を休ませて、来週に備えようと思います。
[PR]

by kengou0820 | 2008-05-28 22:09 | 愛犬・犬を綴る

少しずつできているレポート作成

 障害犬に対する介助をどう考えるか?ということで、少しずつレポートを作成しています。

 この目的として、飼い主さんだけでも行なえるように作成することで、私の手が離れているときでも、管理ができると考えています。

 そのために、多くの障害犬を持つ方の意見をお待ちしています。

 例えば、生活習慣・身体の様子・特徴・疾患名・病前の癖など様々な情報が私のレポート作成の資料となりますし、それが多くの障害犬を救うための情報となります。

 もし、可能であれば、コメント欄でもいいですし、掲示板でもいいので、意見・情報をください。

 宜しくお願いします。

 今のところ出来ている内容は、関節運動を中心としたエクササイズと、経験上出てきた質問に対する答えなど、私なりに解釈して答えた内容をそのまま記載しています。
[PR]

by kengou0820 | 2008-05-26 00:14 | トピックス

2年越しの夢が実現!!

 今日は朝から嫌なこと続きで少々めげそうでありましたが、帰り際に私の元の病院に戻り、書類を整理していると、「講習会受講決定」の文字が!!

 やりました!ついに私が出たかった念願の講習会への参加が可能になったのです。

 これには、私も嬉しくてたまりませんでした。2年前から我慢を続け、(一昨年は出たかった講習会を先輩に譲り・・・、去年はいざこざもあって、身を引くことに・・・、今年は出たいと主張したものの、周囲の先輩方が気を使って頂いたので、落選ということになると、気が滅入る・・・、ってプレッシャーが実はあったのです。)ようやく掴んだチャンス!

 これからの勉強にも身が入りそうです。

 実は、この内容についての詳細は触れませんが、今後の私の理学療法士人生にとって分岐路となるだろうというものです。

 それだけに準備もよく行なった来た訳ですし、モチベーションも保ってきました。

 この講習会来月の6月から大阪で行なわれますので、また関西圏へ出陣です!!

 
[PR]

by kengou0820 | 2008-05-23 22:34

paoくんの介助実施 やはり変化が見られる!

 paoくんは、2週間ぶりの介助です。

 実はこの日デジカメを忘れてしまい、雄姿をとることはできませんでした。

 前回、活路を見出したと報告をしましたが、その理由は彼が病前に動いていたパターンを大事にしていくことで、何かがかわるのでは??と仮説を立てました。

 今回、まず最初に会って思ったのは、最初に会ったときよりも活発になっていることでした。

 そして、少なからず彼が自分の力で立とうとしていて、エラーは起こしますが、少しずつ修正していくことが出来るようになっていたのです。立つ意志にあわせて姿勢を修正する部分にようやくスイッチが入ったようでした。

 まずは、立つ練習から・・・。頭部は左へ崩れる現象は軽減し、姿勢が真っ直ぐに保たれようとしています。ただ、自力保持はできませんが・・・。

 それを見て、私は腹筋の修正を図りました。

 paoくんは、呼吸が浅く努力的であったため、立っているときもいきんで立っていて、本来緩んで欲しい関節が、突っ張った状態であることを今回再認識したのです。

 この方法は次回載せるとして、体幹が安定することは、四肢にも影響を与えることを飼い主さんも認識してくださいましたので、これを自主訓練として指導。

 ウルの気管虚脱のところで述べたハンドリングが近いと思います。是非ご参照ください。

 今回のpaoくんに更なる飛躍を思った私は、この呼吸にも着目し、もう一度体幹というものを考えてみたいと思います。

 彼の失調症は少しずつコントロールすることを覚えてきていますので、それが習慣化するように今後考えて行きたいと思います。

 
[PR]

by kengou0820 | 2008-05-23 00:18 | リハビリテーション実践日記

久しぶりにpaoちゃんの介助へ

仕事が忙しくて、先週は介助へ行くことも出来ませんでしたが、今週は介助へ向かってきます。

そして、5月31日土曜日は、まめちゃんという子が群馬からわざわざ来ていただくことになり、様子を確認したいと思います。

車椅子のフィッティングも合わせて写真に撮って、ブログアップしたいと思いますので、また見てみてください。
[PR]

by kengou0820 | 2008-05-22 01:12

講習会いそがしい!!

 今日は年1回行なわれる、活動分析研究会という大会が行なわれています。

 明日もあるわけですが、これは脳卒中などの中枢疾患中心の発表で、とてもためになります。

 ある意味、その道のプロが集まっているため、少々マニアックではありますが、それだけ熱い人たちが揃った大会でもあります。

 私は今回発表はしませんでしたが、人が発表するのを見て、またモチベーションが出てきたようです。私ならこうしたい! お!こういうアイディアもあるんだ!など楽しい一時でした。

 明日もこの大会行なわれますが、犬の世話もあるので、気にしながら勉強しています。

 どんなときもウル・ラブは忘れたことはないですよ。

 今日も帰りが遅かったのですが、今までゆっくり散歩してきました!!

 ウル・ラブ楽しんでいました。

 最近は散歩コースが長いので、少々お疲れ気味です。
[PR]

by kengou0820 | 2008-05-17 23:19

ナナちゃんが衰弱!?

 このところあまり紹介していませんでしたが、ナナちゃんは毎週のように介助には行っています。

 ここ最近、年齢のせいかあまり動こうとせず、「どちらかというとマッサージだけして!」っていうかんじです。

 あまり無理をさせることも出来ませんので、マッサージ中心で行なっていますので、ブログアップを控えていました。

 ところが、筋肉が緩んで少し楽になったのかと思うと、おやつを差し出せば歩くし、おしっこやウンチをするなど、行動が活発にもなるんです。

 何か難しい一面も見せていますが、介助後は少しは動く気にはなってくれているようです。

 ただこれを日常的にするには、少々困難であると思います。それは、13歳という年齢からも無理はさせれませんし、むしろこうしていたわってあげて、自分のモチベーションが上がったときだけ関わるというスタンスが向いている気がします。

 全くの運動無しは、この子にとって衰弱していくだけの生活ローテーションになるので、こうした配慮も必要です。

 何も良くなって歩くことだけが全てではなく、こうした個別性にあわせた介助方法の変更は、やはり必要不可欠なことなのです。
[PR]

by kengou0820 | 2008-05-14 23:19 | リハビリテーション実践日記