環境の変化を与えてみる

ウル・ラブと今の住まいに移り、先日で4年ほど経ちました。

マンションは、色々と条件が厳しくなかなかペットを飼うのは大変な実情ですが、犬も環境に慣れてくると、行動もワンパターン化していくような気がします。

ですので、マンションをもう一つ借りる!!と言うわけにはいかないので、彼女の近所の場所で散歩をする・寝床を変えてみるなどして、色々と観察してみました。

すると、今まで私の家でおしっこをそそうしていたのに、少なくなったではありませんか。

実は、今まではそそうをすると怒ることもありました。そして、名前で呼んでしまうので、もしかしたらもう名前を呼ぶと怒られると思ったのかもしれません。

ですので、一度環境を変えてリセットしようと思ったのです。

脳は、環境に慣れてくると、どう対処していくかが先を読めるようになるため、ある意味、刺激が少なくなります。なので、様々な環境を与え、フル活動を脳に与え、その中でしつけをもう一度行ってみようと思ったのです。

これは、臨床でもいえるかもしれません。

いつも、同じ部屋・同じ内容・同じ頻度・同じ時間(これはオーナーの都合により難しい場合もありますが・・・)ではなく、これら項目を変えることで新たな発見が見出せるかもしれませんね。

最近、犬のしつけにも脳科学を用いた行動療法の本を見ました。

タイトルはまた今度お伝えしますが、ものは試しです。

こうした色々なトライが自分自身の脳の変化も与えてくれると思っています。何事もトライ!!ですね。

ということで、私はこれから自転車で2時間のトレーニングに向かいます!!それでは失礼します!
[PR]

# by kengou0820 | 2011-04-03 10:44 | トピックス

トレーニング継続中!!

c0145975_235465.jpg


これは、私が憧れているGIANTという自転車です。確か10万円ぐらいの値段だったと思います。

私の意志は今のところどうも強いらしく、何とか昼休みに20分のエアロバイク、休日は約1時間のサイクリングをこなせるようになってきました。

感想は・・・、最初の3日がすごく辛いのですが、だんだん慣れてくるようで、むしろ楽しくなってきました。

この達成感というものは、永遠と続きそうな気がします。

なぜなら、勉強すればするほど効果が現れるし、つぎなる目標が山ほどでてくるのも特徴です。


とりあえず私の今の目標は、坂路を越えるということです。

自転車もロングライド(長時間乗る)・ヒルクライム(坂道・山道を登る)用のものを考えています。

この自転車が、その目的にあっているかは分かりませんが、色々と探しながら、お金を貯めながら、トレーニングをしながら、目標に向かっていきたいと思います。
[PR]

# by kengou0820 | 2011-03-31 23:15

ペットだって被災者

宮城県や福島県では、多くの犠牲者が出てしまい、今も不明者が確認されていない状態です。

ペットよりも人命が優先されるのは当然といえば当然ですが・・・。

多くの犬や猫を飼っている人たちの苦悩はたえないことであると思います。避難所では、ペットの受け入れができないため、車の中で生活している人たちも数多くいるそうです。


私が気になるのは、動物によるアレルギーとか周りの人たちに迷惑がかかるとかという理由で、ペット同伴という被災者を避難所が拒否するという理由。

ここに犬に対する大きな価値観の違いを伺えます。要するに、やはりペットという概念は家族という認識や価値観にならないのです。

ここに寂しさを感じました。やはり、ペットは物扱いということになります。

今後も変わらないだろうこの事実・・・。ペットって家族じゃないの??改めて考えさせられる問題であると思います。

うるさい子供は人間だから許されて、静かにおとなしくしているペットは物だから敬遠される・・・。

他の国はどうなんでしょうね??

とにかく、ペット=家族ということを改めてどういうものなのかということを考えさせられました。
[PR]

# by kengou0820 | 2011-03-29 18:32 | 愛犬・犬を綴る

歩行量について

私は理学療法士ですので、様々な情報を日々得ることで、技術向上に努めています。

出来る限り、臨床に結びついていくことが大事であると思いますので、今後は読んだ文献の中から、色々と考えていくようにしていきたいと思います。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

健康を維持するために、一般に1日10,000歩以上歩くとよいとされている(星川、1986)。

その根拠は、一日の運動量として推奨される300KCAL(厚生省保健医療局健康増進栄養課、1984)に相当するのが、およそ10,000歩であることに由来する。しかし日本人の成人の大多数は10,000歩には届いていないのが実情である

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

これは、介護予防の分野の中で、健康を維持するために歩く量としての理想を述べたものです。

いうまでもありませんが、一日10000歩も歩いている人は殆どいないと思います。

私も、最近は自転車にて歩数にしたら約7~8000歩稼いでいるようですが、それでも足りませんね・・・。


では、障害を持った人がよく聴いてきます。

「一日どれくらい歩けばいいですか??」

同じ理学療法士さんであれば、一度は聞かれたこともあるかと思います。

私も職場だけでなく、オーナーさんにもよく聞かれます。

こうした文献は、主に説明の中で引き出していきますが、理想と現実ということをテーマにしなければなりません。

極端にいえば、1000歩歩くと痛みが出たりしている人にこれだけの量を歩いてくださいといっても無理でしょう。それでは、予防策としては成立しません。

どうすればよいのか・・・?

オーナーさんに、例えば楽に歩ける時間は?距離は?を聞き出します。

時間は10分、300m程とします。これなら、快適な距離や時間であると考えられます。

要は、意欲的になることに結びつけることで、こうした理想の数値に近づいていくようにしていけるわけです。

ですので、理想の数値と、現実場面での戦略がリハビリテーションでは必要となります。

文献は、こうした現実場面での根拠作りに必要なことです。


こうして、今日も新たな日が幕を開けました。

また、新しい情報を得るためにこれから勉強していきます。

そして、リクエストも受け付けていますので、一緒にリハビリと言うものを考えていきましょう!

多くの方がその人なりの輝く姿を取り戻すことは、人間の尊厳を維持するために必要なことです。
[PR]

# by kengou0820 | 2011-03-29 00:08 | リハビリの研究~文献抄読~

いよいよです。

リハビリテーションは、4月12日火曜日に横浜でも実施していく運びとなりました。これは、決定事項ですので、もし、近隣でリハビリテーションについて相談があれば、応じていきたいと思います。

「横浜夜間動物病院」で検索してください。そして、整形の獣医師を通して、予約を取っていただければと思います。

そして、微力ながら、リハビリの様子を少しずつ静止画などでアップしていきます。

you tubeなどから引き出しているブログ等もよく見かけますので、とりあえずこの方法で模索していきたいと思います。

また、何かいい方法がございましたら、教えてください!!

宜しくお願いいたします。
[PR]

# by kengou0820 | 2011-03-28 23:49 | トピックス

プロトコールの作成

今後の課題としてある程度誰でもマニュアルとしてできる方法も必要性があります。

いわゆるプロトコールです。

これは、特に手術後の症例に対し、疾患ごとに何日目に何を行うというものです。例えば、5日目に立位訓練、10日後に歩行訓練など、特に大きな障害がなければ、このとおりにリハビリを進めていくことが特徴です。

私は、普段から個別性を出していますが、ある意味こうしたマニュアルは必要であると思います。

一番のメリットは、ある程度の回復度合を示すことが出来るということ。

例えば、その期間に到達していない場合には、リハビリテーションの方針以外にも、再診察の実施など場合によっては全ての部署が方針の変更を行えるわけです。

ですので、同じ疾患のデータをできるだけ集める必要性があります。

その中で近似値として数字を挙げていくことで、こうしたリハビリテーションの方針を定めることができると思います。

来月からはいよいよ横浜でリハビリテーションを実施します。

少しずつこうしたことを意識しながら、進めていくことがシステム作りに必要でしょう。
[PR]

# by kengou0820 | 2011-03-22 23:18 | リハビリの研究~文献抄読~

燃えています

 今回の震災で、ガソリンや電気を少しでも・・・と思い始めた自転車ですが、これが思いもよらぬかなりのヒートアップ066.gif。今では、体を動かさないと気がすまないようになりました。

 とはいえ、今日で世間で俗に言う3日坊主といわれる三日目。

 そこで、長続きになるよう、家計簿をつけるようにトレーニング日記をつけるようにしました。

 内容は、有酸素運動と無酸素運動というジャンルに分け、有酸素運動では自転車こぎ、無酸素運動では主に筋トレをするようにしました。

 自転車は、思いも他、上半身も必要とし、私が重要視してきた体幹が非常に重要となります。

 体幹は、腹筋だけではなく、背筋群も必要ですし、その働きをサポートする広背筋も鍛えます。

 体幹がしっかりしているアスリートは、やはりパフォーマンスが高いといえます。

 スクワット系とデットリフト(背筋群)そして、ラットプルダウン(広背筋)を中心に自転車でより強くそして持久力を高めていくようにこれからはトレーニングしていきたいと思います。
[PR]

# by kengou0820 | 2011-03-21 00:21

筋力低下?それとも??

>一つ質問。神経性の筋力の低下などアンバランスが起きている場合、筋トレで神経の退行はいくらかでも抑えられるものですか?トレーニングは筋の退行を抑えるもの?神経のほうまでは分からない?

この症例を含め、色々と考えていく必要性がありますが、まずは一般論。

通常、支えられない・上手く動かせないなどの症状が見られるときに考えるのは、筋緊張です。

筋緊張は前にブログにアップしました。では、筋力とは??

実は、筋緊張と筋力は一体化しています。筋力を示すものは、脊髄レベルでのことで、それ以上から脊髄を調整しているのは脳であり、この過程が筋緊張の役割です。

つまり、筋緊張が明確であるからこそ、筋力を発揮できる状態であるといえます。

では、筋緊張に必要なのは・・・?

皮膚や筋の可動性・長さや神経系の調整力が問われます。

ダックスで考えて見ましょう。

ヘルニアで障害が起こるのは、主に脊髄です。障害により脊髄の中で上手く機能できなくなると、脳からの色々と構成された指令が出されても、脊髄ではその情報を処理しきれません。

通常では、その指令にあわせ、力を変えていきます。そして、課題に向かって最適な運動を作り上げ、脊髄でそれを実行します。

実行できなければ、おそらく、脳では指令を変えざるを得ません。これができないのであれば、こうしようとかプランを挙げていきます。そして、ダックスではやっとできました。前足で過剰に頑張ることです。

こうして、前足で頑張っていくことが増強されていくとどうなるでしょう??

こうなると、後足は機能しなくなりますから、筋緊張は使われなくなります。そうすると、調整する必要性のない筋肉は力を失い、使う感覚も失っていきます。これが、いわゆる筋力低下です。

ですので、姿勢の影響を受けますから、腰が落ちた姿勢などが継続されることで、筋力の低下が作り出されるのです。


大事なポイントとしてトレーニングを行うことは、神経系を強化する上で必要なことですが、

1.姿勢の影響によりアンバランスとなり、得意・不得意な使われ方が継続されているため(筋緊張のアンバランス)、筋力が低下し張りのない状態になっている部分、逆に過剰に力を抜けられないぐらい張りを高めている部分、おおよそこの二つに分けられます。

2.ですので、このアンバランスが作り出しているものを調整し、筋力強化を行うことが重要です。
例えば、後ろ足の運動を行うとき、ハムストリングスを使うときに、膝を曲げる運動を前面の筋(大腿四頭筋)が妨げていたとしたら、これは調整するターゲットとなります。そうしないと、ハムストリングスが働く機会を失わせているからです。つまり、筋力を発揮できません。

3.筋トレは、神経の退行を抑えることはできますが、しかし、適切な運動を誘導していないと、逆に過剰な筋肉の活動を強める結果となります。

まとめとしては、筋緊張の調整を行う(つまり姿勢の調整を見る)筋力が増強されていく(退行を抑えられる)これをみるポイントとしては、できなかったことが増えてきたというのは、材料の一つです。

つまり、できない動作を行えるということは、筋緊張の調整力が向上しているといえますので、筋力の幅をしっかりと使えているといえます。この状態のときは、神経系を強化しているでしょう。

できてたことができなくなったというのが、退行といえるかもしれませんね。
[PR]

# by kengou0820 | 2011-03-17 23:11 | リクエストコーナー

大忙し!

今日は、アメリカドルの目標額80円に到達したので、ツーリングもかねて自宅から15kmはなれた野村証券に向かいました。

自転車で行く途中、自分のことだけではと思い、東北地方義援金にも参加、自分に出来る範囲で力を尽くしました。

しかし、自転車がこれほどに気持ちいいものとは思いませんでした。

体力が大丈夫かなと思ったのですが、意外にもいけることに気づきました。さらに嬉しかったのは、脚の張りを3年ぶりに感じたこと。若いときを思い出しました。

また、自転車ショップも見つけました。自転車は何がいいのか分かりませんが、自分に合っているものをしっかりとセレクトし、休日はツーリングを徹底して行い、体力をつけていきたいと思います。

ところで、野村では公約どおり10万円でアメリカドルを購入できました。

株式もボーナスの7月までは勝負どころと考えていますので、継続です。
[PR]

# by kengou0820 | 2011-03-17 22:37

ロードバイク

こんなときに車よりは・・・と思い、自転車で買い物や仕事に向かいました。

私の今の自転車はクロスバイクというものらしいのですが、長距離や楽さを考えると、将来的にロードバイクの購入を考えています。

先ほどまで約1時間ツーリングを楽しんできました。003.gif

運動不足からかやはり足の疲れが顕著に・・・。弱っている証拠ですね。007.gif

でも、今はガソリンがない時期です。行く先々で多くの車を見ましたが、足りなくなったり、本当に底をついたらどうするのだろうと思います。節ガソってできないかな・・・?と思い、私が閃いたのが自転車です。

意外とロードバイクは運動不足の方にも楽にこげるような設定にできているようで、私にはうってつけ。今度、購入の予定でいます。

クロスバイクで運動の感想でしたが・・・、

とにかく達成感と充実感があって、非常に気持ちが良く今後も続けたい!!って、思いました。

休みの日は、荷台もつけてウル・ラブそして、パートナーと三人でツーリングなんてのもいいかもしれませんね。

そんな訳で、節約の意味も含め色々と考えていくと・・・、

私の愛車は軽自動車ですが、

税金一年約8000円

車検去年60000円でこれが、2年に1回

保険は、毎月2400円ですので、一年で約30000円

ガソリンなどの経費を含めると、去年は6~70000円かかりました。

とすると合計で20万円近くあるいは、超えるぐらいは軽く車に費やしているといえます。

これを考えると、初期費用はかさむかもしれませんが、おおよそ私の欲しいロードバイクとその他の整備品などを含め100000円越えたとしても、一年の経費では車より特です。

更に、それだけですから、整備を自分でしっかりと行えば、それ以降はほとんどお金が要らないことが分かります。

これは、もう買うしかありません。自分の愛車を売り払って、 経費削減! ガソリン使わずエコ! マイホーム・明るい老後を実現に!をテーマに奮闘していくしかありません066.gif
[PR]

# by kengou0820 | 2011-03-16 16:15