タグ:治療 ( 32 ) タグの人気記事

問題点の抽出方法

今日はリハビリテーションの問題点の挙げ方について考えたいと思います。

リハビリテーションの原則は、障害の面から患者さんを捉え、その障害に応じた介入をすることであると考えています。

ですので、骨折しているからその部位だけを行うだけでなく、障害から波及した問題も解決することを指します。

例を挙げると、膝蓋骨を脱臼後、手術を行った症例を考えて見ましょう。

問題は膝蓋骨脱臼した膝関節にあることは間違いないのですが、次に起こる問題は、その周辺部位にも及びます。

これを二次的な障害といいますが、膝関節についている筋肉やその筋肉は股関節にも及びますし、体幹にも及んでいます。

つまりは、膝だけの問題では有り得ず、二次的に周辺部位の関節や筋肉の障害あるいは、そのことによる運動の制限が起こります。これらが、生活の質を落としたり、できてたことができなくなったりといった背景を生み出すのです。

リハビリテーションアプローチは、こうした障害部位だけでなく、周辺部位そして、それらが関連して起こしている日常生活動作への障害を改善あるいは、別の方法を考えていくことをいいます。

障害には3つのレベルがあります(ICIDHより抜粋)

1.機能障害
2.能力障害
3.社会的不利


があります。

機能障害は、麻痺や関節障害などを指し、
能力障害は、機能障害によって生じる個人レベルの障害であります
社会的不利は、社会・環境レベルの障害であります。

具体例を挙げると、ヘルニアにより麻痺した症例がいるとします。
麻痺による筋力低下・関節障害は機能障害で、
それにより立つことができなくなった、歩けなくなったというのは能力障害、
そして、それにより、近くの公園にいけなくなった、などが社会的不利といいます。

これらの問題に対し、リハビリテーションは展開されるわけです。

問診や実際に評価していくことで、問題点は、こうして出され、分類し、前回述べたように目標設定を行っていくわけです。次回は、リハビリテーションアプローチについて述べたいと思います。
[PR]

by kengou0820 | 2011-02-22 20:52 | トピックス

低周波の活用

今日はまめちゃんを通して得た経験を基に、様々なことを考えてみたいと思います。

まめちゃんは、関節は拘縮に近いレベルで非常に感覚入力にも乏しく、筋の収縮が得られにくい状態です。

私は今まで、関節に対し可動域改善訓練と、様々な部位に刺激を加えて反射レベルを高め、その反動を利用した筋・関節可動域訓練を行なってきました。

今日は、まめちゃんの飼い主さんに今まで使っていただいていた、低周波の機械をお持ち頂き、持続的な刺激から起こる筋収縮を期待して行ないました。

この低周波の機械は、電気店で売っているもので十分活用できます。ただ、犬の脚と人間の手足では、大きさが違いますので、パットを外して直接皮膚レベルに当てる必要があります。

これを獣医師さんが改造していただいたようで、はんだこてか何かで固定し、使用しやすいものでした。(次回ブログアップします)

低周波を使う前にチェックしたことは・・・、

①皮膚レベルからゆっくり順応させていく

 中には過敏性を示す皮膚部位があり、これを痛みとして学習すると低周波自体を拒否するかもしれません。ですので、皮膚自体の観察が必要です。

②刺激の前に関節をしっかり動かし、その後に低周波を使いながら筋肉に刺激を入れて更に関節を動かす。

 関節を動かすだけで動きがよくなるとは限りません。関節自体動かしやすくなるとは思いますが、動かさないことには意味を成さないことがあります。

 つまり、使っていく訓練を行なわなければ、感覚として学習されないのです。

 話は替わりますが、低周波を使用しながら関節を動かしていくと、今まで以上に反応が違いました。これを考えると、臨床的には低周波だけで終わらせるのではなく、関節を動かしながら低周波を活用すると関節自体への刺激量の効果に対して増加傾向を示す可能性があります。

 その後の立位訓練では両脚が屈曲姿勢ではありましたが、若干支えることが出来ました。

 これが、コンスタントに証明できれば両者の活用が非常にいい結果をもたらす可能性が出てきます。

 今までは、関節運動と低周波は、どちらかしか行なうことができない環境であったと思われます。

 ですので、今後はその動かし方の内容と低周波の活用を伝えていく必要性がありそうですね。もちろん針治療でも良いかと思われます。

 12月にまめちゃんは、半年振りの検査を行なうようです。そのときは感覚神経・運動神経ともに実用レベルではありませんでした。今回も同様の検査を行なうようなので、その資料をいただき次第紹介したいと思います。
[PR]

by kengou0820 | 2008-10-12 12:28 | リハビリテーション実践日記

2年越しの夢が実現!!

 今日は朝から嫌なこと続きで少々めげそうでありましたが、帰り際に私の元の病院に戻り、書類を整理していると、「講習会受講決定」の文字が!!

 やりました!ついに私が出たかった念願の講習会への参加が可能になったのです。

 これには、私も嬉しくてたまりませんでした。2年前から我慢を続け、(一昨年は出たかった講習会を先輩に譲り・・・、去年はいざこざもあって、身を引くことに・・・、今年は出たいと主張したものの、周囲の先輩方が気を使って頂いたので、落選ということになると、気が滅入る・・・、ってプレッシャーが実はあったのです。)ようやく掴んだチャンス!

 これからの勉強にも身が入りそうです。

 実は、この内容についての詳細は触れませんが、今後の私の理学療法士人生にとって分岐路となるだろうというものです。

 それだけに準備もよく行なった来た訳ですし、モチベーションも保ってきました。

 この講習会来月の6月から大阪で行なわれますので、また関西圏へ出陣です!!

 
[PR]

by kengou0820 | 2008-05-23 22:34

パピーちゃんの治療実施~2月9日~

 今日は、パピーちゃんの治療のために行ってきました。彼女と飼い主さんとは外で待ち合わせして、そのときは吠えなかったのですが、家に着いた途端、「ワンワン!」と威勢のいい声で迎えてくれました。やはり、自分の家だとテリトリーだから、元気になると同時に落ち着くんですね003.gif

c0145975_15562667.jpg

 早速、私は彼女との関係作りから始めました。この日は寒いということもありますが、あまりに私が恐かったのか、震えてばかりでなかなか身体を預けてはくれません。007.gif

c0145975_1556398.jpg

 それでも、20分くらいゆっくりとTタッチを行うと、段々と身体を委ねてくれました!
 足の関節は、長年使ったためか、膝の辺りで緩い感触が強かったので、立位訓練のときは注意が必要と思いました。

c0145975_15564963.jpg

 いよいよ立位訓練。尻尾を刺激しながら行うと、徐々に膝周囲がしっかりしてきました! 
 立ち上がり・座り動作を繰り返し、下肢への荷重感覚を促していきます。
 手術しなかったためかどうなのかは分かりませんが、後ろ足の反応はまずまずよかったです。
 しかし、後足が大きく内側に入ってきてしまい、立位訓練の邪魔をしてしまいます。

c0145975_1557671.jpg

 ですので、座位にて股関節が中に入らないようにコントロールし、立つ練習、また足のコントロールとこれを何度か繰り返しました。

c0145975_15571714.jpg

 治療後、彼女の足は少しではありますが、しっかりとし、少し修正すれば立つことも出来るようになりました。まだまだ、安定性はありませんが・・・。尻尾に注目して下さい!

c0145975_15572979.jpg

 刺激を加えることで、尻尾を振ることができました。
 これは恐らく反射だとは思いますが、きちんと反応している証拠であると思います。

 治療終了後、彼女は少し私になじんでくれたようです。041.gif
 発症してまだ1ヶ月。この後、関節を動かす方法や、立つときの注意点など私なりに自主訓練の方法を伝えさせていただきました。

 飼い主さん喜んでいただいてよかったです045.gif
 前回のことがあったために、もう一度ホリスティックに関わることをイメージしながら、治療したのがよかったのかもしれません。

 私もメンタルトレーニングとして、治療の記録を残しています。今日は少しいいことが書けそうです001.gif
[PR]

by kengou0820 | 2008-02-09 16:19 | リハビリテーション実践日記

のんた君の治療実施~2月6日~

 今日は言葉が通じない壁を体験しました。007.gif

 のんた君の歩行訓練がなかなかうまくいかず、私が強引過ぎた気がします。007.gif

 彼の中枢神経系を無視した治療に今日は反省です。
 関節可動域などはいつもどおりにこなしてくれました。座位バランスも良くなり、両後足で踏ん張る感触が少しずつ見られるようになりました。足も少し太くなったようです。

 両足ともにパタパタと動かしており、自分でコントロールすることも若干ながら可能になったようです。011.gif

 尻尾を刺激すると、すぐに立ち上がり立位訓練に集中してくれました。001.gif

 ですので、歩行訓練になったときに急に反応が悪くなったので、私は何が悪かったのか、分かりませんでした。008.gif

 そこで、飼い主さんと共同で、ご褒美をあげながらの座位バランスから歩行訓練に挑戦してみました。すると、少しずつ前向きな気持ちになってきたようで、ようやく本領発揮です!!

c0145975_18322138.jpg

 
 ↑前回のすぐ後だったので、ハーネスを作ることが出来ず、今日も即席ハーネスです。のんた君は引っ張りすぎるところがあるので、今度は確実に補正します。

c0145975_18323691.jpg


 ↑徐々に歩く意思を見せて、前に進んでくれます。これを後ろから下肢をコントロールし、歩く邪魔にならないことにプラスして、後ろ足のコントロールを行いました!

 今日もそうですが、私が関係を取れたとばかり思い込みすぎて、関わり方が雑だったような気がします。

 やっぱり言葉が通じないということは難しいですね。今まで、培ったものが簡単に崩れ去ることが今日分かりました。ホリスティックに関わっていくことを忘れていたようです。
 本当にいい勉強をさせていただいても付き合って頂いた飼い主さんとのんた君に感謝です006.gif
 これを次に活かして頑張ってみます。治療のときは、その日初めて会ったときにしっかり評価・観察を繰り返していこうとおもいます。
[PR]

by kengou0820 | 2008-02-06 18:51 | リハビリテーション実践日記

何をポイントにするか!?

 犬の治療を始めて約1ヶ月程度になります。私の場合だいたい、週1回をベースにして、訪問治療させていただいているので、次のことを念頭においています。

 まず訪問するということは、犬にとって自分のテリトリーに入られるということ。とういうことは、どんなに性格がよくて人懐っこい犬でも、敵対心を持っている可能性があるということです。

 これは人間の患者さんでもいえることで、病院ではそれほど感じなかったのですが、退院前訪問調査に伺ったときに、このような雰囲気に感じました。患者さんの態度もガラっと一変、かかわり方が難しくなったという経験です。

 ですので、この点には飼い主さん同様すごく気をつけているのです。012.gif
 
 もう一つは、セラピー以外の関わり方です。これは考慮中ですが、できるだけ問題点を伝えて自主訓練につながるようにすることです。030.gif
 
 私が犬に接する時間は約1時間あまり。それ以外は飼い主さんがコンタクトを取っていますから、出来る限りできそうな部分は、共有すべきことだと思います。それが、ブログで紹介した関節可動域訓練であり、私が接していない時間に管理してもらうことが非常に大事になってきます。

 こうしたポイントを大事にして、訪問治療を行っているわけです!
[PR]

by kengou0820 | 2008-02-05 08:14 | リハビリテーション実践日記

ナナちゃんの治療実施~2月4日~

 ナナちゃんの治療に行きました。今日は落ち着いた雰囲気でして、普段どおり接しても何も問題はありませんでした。

c0145975_2124923.jpg

 彼女は、立つことが本当に上手になった印象です。私もこの光景に感動を覚えました。
 下部体幹から下肢にかけて、血行がよくなったと飼い主さんの従業員さんがおっしゃってくれました。003.gif

c0145975_20594499.jpg

 尻尾を刺激しながらの立位訓練です。もちろんこの前に関節の準備はしていますが、この日は治療しやすく、彼女は次に何をするのか察しているかのようでした。
 この後、私は思う存分走らせてあげました。彼女は前回よりも体力がついたようで、ばてませんでした038.gif

c0145975_2102387.jpg

 これが今日のポイントです。後足のところ注目して下さい!!
 これは、ひもでつった状態で、歩行訓練しています。
 この場面は立って私がフィット感をしらべているところです。

c0145975_2104569.jpg

 一歩ずつジャーキーを追うようにして誘導しています。早くなりそうになったら後からコントロールして、「待て」029.gifをさせます。

c0145975_211839.jpg

 見栄えこそよくありませんが(急に思いついたので)、コントロールして少しでしたが、前進できました。後ろでは、前足が動くときに体幹を誘導して歩調を崩さないようにしました。
 後足を無視した行動を起こすと、やめさせて後足をひもからコントロールして、後足が地面に着くようにしました。

 今日はひもを使うことで、私自身の腰も痛くならなかったので、これは使えると確信しました。飼い主さんにも自主トレーニングとして、伝えられそうです。
 確かにプールもいいですが、浮力により免荷されてしまうので、自然な重力に抗して荷重訓練を行うにはこれがいいかなと思ったんです。
 
 のんた君にも試してみてよさそうであれば、きれいなひもにして、是非ハーネス風にしてみたいと思いました。

 また次回も宜しくお願いします053.gif
[PR]

by kengou0820 | 2008-02-04 21:29 | リハビリテーション実践日記

今からナナちゃんのところへ行って来ます!

 早く仕事が終わって一段楽しましたので、ナナちゃん家にいく前にブログ更新しました053.gif

 今日は豪雪の影響で、朝の道路は凍っていました。私は生まれてほとんどはじめての雪道運転だったので、怖かったです。事故するかと思いました007.gif 

 大きい道路を通って、着いたら少し散歩でもさせてから訓練に集中させるようがんばってみます。前回急に訓練に集中しなくなったので、今日は会ったときから少し注意しようと思います。そして、そのあたりの原因を私が少しでも理解してあげれればいいかなとおもいます。

 それでは、行って来ます。今日の内容はまた後で更新しますね。今日はデジカメ忘れなかったので、大丈夫ですよ~~041.gif

 
[PR]

by kengou0820 | 2008-02-04 17:10 | リハビリテーション実践日記

今週の治療日程

 今週2月4日~2月10日の治療日程です。

 ①2月3日 ナナちゃん
 
 ②2月6日 のんた君(予定)

 ③2月9日 パピーちゃん

 の予定です。宜しくお願いします053.gif

 ナナちゃんは散歩を通じて、活発に行動するように頑張ります。今回から、環境を変えて、本人がどう変わるか見てみたいと思います。016.gif

 のんた君は少しずつ水に慣らそうと思います。プール訓練を取り入れ、自律的な下肢の運動を促通していく予定です。018.gif

 パピーちゃんは新規の子です。車椅子も処方されたようですが、まずは関係作り。この子の潜在能力をしっかりと評価したいと思います。027.gif

 みんな、今週も頑張りましょう。宜しくね053.gif

 
[PR]

by kengou0820 | 2008-02-03 23:29

新しいお友達です

 先日hiroさんにご紹介いただいた方と連絡が取れまして、治療実施予定となりました。

 これで、4例となりました。皆様の幸せを再びつかむため、私チワワンは全力を尽くして頑張ろうと思います。

 のんた君・ナナちゃん・ミラクルちゃん・パピーちゃん みんな不自由な思いをしながらも懸命に生きようとしています。

 のんた君はここ何回かの治療で、自分の後足を動かして歩く訓練が出来るようになりました。次はプール訓練もそろそろ取り入れようと思っています。

 ナナちゃんは治療するには、周囲の環境がどうしても悪く集中できない場面があるので、場所を私の車の中と外中心の治療場面に設定しました。これにより、彼女がどう変わるかがきになるところです。

 ミラクルちゃん・パピーちゃんはまだみたことがありませんが、やはり麻痺があることは共通点のようです。どんな治療が一番いいかは、見てみないと分かりません。

 彼らが望むことは何でしょうか??今から気持ちが高ぶっています。ウル・ラブが毎日何を望んでいるか理解するようトレーニングすることが、また治療にも活かされます。日々のトレーニングを欠かさないようにして、また次の治療日までモチベーションを落とさずに頑張りたいと思います。
[PR]

by kengou0820 | 2008-02-01 23:26 | リハビリテーション実践日記