タグ:犬 ( 300 ) タグの人気記事

ウルの死

ようやく綴る気持ちになってきました・・・。

2015年2月16日午前10時3分

彼は心臓発作を起こし、虹の橋を渡りました。

私は試験前で数日落ち込んだ後、ようやく、試験勉強に取り組むことができ、その2か月後、最高の結果をプレゼントしてくれました。

おそらく、看病も行わないとならない状況もあり、彼は自ら死を選んだのではないかと思います。

愛犬との12年は決して長いとは言えませんが、その後の人生観を大きく変えてもらいました。

彼の心は、姿がなくとも、私の心に宿り続けています。

c0145975_15315915.jpg


もう、二人がお互いを尊重しあう・・・こんな姿は見れませんが、私が代わりにラブをかわいがることはできます。

そう、悲しむことも大事だけど、前を向いていくことも大事です。

彼が遺してくれたものを大切にしながら、生きていくことを誓います。

そして、いつか、私がこの世を去る時に、迎えに来て、一緒にもう一度過ごせることを夢見て、この世で頑張りたいと思います。
[PR]

by kengou0820 | 2015-09-27 15:34 | 愛犬・犬を綴る

調子は向上!

愛犬の死を強く意識してから、三週間経ちました

しかし、彼自身が非常に治療を頑張って耐えた事により、咳も収まり、元気になってきました

それでも、これから彼が亡くなるまでは、薬を飲み続けないとなりませんが・・

でも、彼には感謝です!

生きる強さとその事の大きな意味を私達に教えてくれました

彼が残してくれた大きな財産は、今後生きていく中で、心が折れそうな時に励みとなると思います

私もまた、彼の呼吸状態をみてあげたりして、胸郭の動きを出してあげれば、楽に寝ていますので、先生による治療とリハビリテーションをできる限り行ってあげたいと思います

それにしても、今回の場合、最初は咳をして、「カーッ」とえづくようになり、その頻度が非常に多くなります

医者に見せる時は、かなり呼吸苦となり、あと少し遅れていれば、手遅れだったと言われたぐらい、胸水が溜まっていました

すこしでもおかしいと思ったら、やはり獣医さんに行くべきです・・

慢性心不全は、もうこの年代には多くなります

そのことを勉強させてもらいました

そして、ウルには人生の大きな指導を頂きました

dog=god です

犬に、人とはどうあるべきかを教えてくれた気がします

早く殺処分が減って欲しい、改めて思わされました
[PR]

by kengou0820 | 2013-09-03 19:49 | 愛犬・犬を綴る

愛犬を失う覚悟について

c0145975_23245567.jpg
命の灯火が消えかけた時、何を想像するだろうか

長年一緒にいると、あたりまえになるが、このあたりまえは永年ではない

それを迎えることに直面しようとした時、ふと後悔しか思い立たない

今を共に生きているのは、実は最高の幸せな時なのかもしれない

この最高だと思える時に最大限のできる事をしてあげる

残り少ない命になっただろうけど、その少ない期間を大事にしてあげたい

最高の時間はいつまでも続かない

隣にいつもいる家族がいなくなる現実に直面したら何を思い、何を考え、何を残しますか?

あたりまえにあるものがなくなる準備は心・体共に必要だと諭されました

後悔のない人生は創りたくない

自分の灯火がなくなる時に納得のいく人生観で終えたい

ウルにもそうしてあげたい
[PR]

by kengou0820 | 2013-08-22 23:24 | 愛犬・犬を綴る

データをどう残す??

エビデンスがある治療と、エビデンスのない治療。

どちらがいいか?

エビデンスのない治療だったとしても、患者さんが結果に満足すればいいと思う。

でも、エビデンスのある治療により満足すればもっといいのかもって思ってしまう。

この世界では、まだ画一化されておらず、どちらかといえばエビデンスのない治療の中で、結果を求めている気がする。

それができるのは、やはり理学療法士だって言われ続けたい。

でも、エビデンスのある治療もできるのもやはり理学療法士だって言われたい。


多くの症例から得られるのは、膝関節(前十字靱帯)術後の大腿四頭筋の治療方法だ。

これは、私は多くの見解が出る可能性がある。

術後はおおむね10例ほど見て来たが、ハムストリングスの治療を行ったほうが、明らかにその後の成績が良いと判断できる。

術後でなくて、保存的治療を行っている症例においてもこれは適用できる。

治療している群としていない群

1ヶ月治療をして、また次の1ヶ月治療しないなど、方法は色々とあるはずなので、確認して欲しい。
[PR]

by kengou0820 | 2012-10-31 22:06 | トピックス

逃げと攻め

新しい環境に変わり、難しく感じていること・・・。

それは、攻め際と逃げ際。

どういうことか・・・。


逃げるときは、相手の言うままにリハビリを行うこと。それは、信頼関係を作りやすいが、反面、発展的ではないことも多い。

攻めるときは、相手の意向に沿わないときもあり、信頼関係を壊すこともあるが、逆に破壊力もあり、発展的になる可能性があること。


どちらがいいの・・・?


答えは分かりませんが、両方見失うととんでもないことになるということです。

リハビリは答えの明確ではない部分もあり、非常に難しい部分もありながら、結果ともにその根拠を求められます。

つまり、一方的なものではだめだし、沿い過ぎても、バランスを失う可能性があるのです。

今後は、この両方の兼ね合いを考えていく必要性がありそうです。
[PR]

by kengou0820 | 2012-09-28 22:40 | リハビリテーション実践日記

i pad と わが愛犬❤

c0145975_23364385.jpg


ついに!!

我が家にも ハイテク機?? i padを購入しました!

仕事メインで購入したこのi padは意図があるんです。


実はと言うと・・・、


訪問リハを行っていくうちに、なんとなくこれは、マンネリ化していく可能性を感じました。(実際にはそんなことはなかったのですが、過去の教訓として・・・。)

そして、もう一つは成果をしっかりと実感していくこと。(これは、私と患者さんの共通の認識の過程として)


これらをテーマに、動画を撮って、その場で見せる。そして、しばらくして編集したものを報告する。

これを行ったことで、患者さんは非常に喜んでおられました。


なるほど・・・、

視覚化するということで、実際の運動のイメージが行えるようなフィードバックになったということが一番良かったと思われます。

これは、動画を見ることで三人称的なイメージではありますが、運動の経験と私のフィードバックをかけあわせることで、一人称的(自分でおこなう感覚)な要素が強くなる可能性があります。

となると、小脳系の長期抑圧(いらないものを消去する、つまり、運動を効率化・円滑化していく)が起こるということで、運動能力が上がるということです。

このipadが、それを実現してくれそうです。




変わってですが・・・、

我が愛犬は、相変わらず元気です!!003.gif

ウルは9歳・ラブは6歳。

ウルは少々運動能力が落ちた印象はありますが、まだまだ元気!!!

本当に頭が下がります・・・。

c0145975_2344455.jpg


仕事に家族に、本当に幸せな日々を送っていますが、このことに常に感謝して、今の環境に挑み続けていきたいと思います!!

ipadでの動画を見れる方法が分かりましたら、いずれはリハビリ風景もお見せしたいと思います。
[PR]

by kengou0820 | 2012-07-26 23:46 | リハビリテーション実践日記

横浜が終わりました

先日17日、最後の活動を終えました。

横浜に行き始めて1年。

あまり、大きな貢献ができませんでしたが、私の相棒(takaさん)がこれからも頑張ってくれることを信じています。

そして、私自身もあと数日で今の職場を離れることになります。

悔いが残らないように、今の若い人たちにまじって朝早くから練習し、目の前の患者さんに対し、技術を提供するだけでなくその精神やあきらめない姿勢を貫いてきました。

そして、これからもこの四字熟語を座右の銘として、私は進化していきます。


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

敢為邁往

「かんいまいおう」

目的に向かって困難をものともせず、自ら思い切ってまっしぐらに進んでいくこと


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

正直、武者震いがしました。

これからの私の未来に立ちはだかる壁に対し、不安もありましたが、この言葉ですべてが吹き飛びました。

多くの障害者を救うべく、新たな道を選んだことをまた思い出しました。

これからもこのブログは継続し、そして、新たなことを追加していくように頑張っていきます。

皆様からも多くのご指摘をいただきたいと思います。
[PR]

by kengou0820 | 2012-04-20 20:58 | トピックス

障害犬のために

先日、横浜では送別会を私のために行っていただきました。

一年しかいないのに、それも、半分以上は自分の我がままのために職場をやめていくのに、暖かいおもてないは、今後の私を奮い立たせてくれるものとなりました。

このブログは、無くそうかどうしようか迷いましたが、今後も何かの役に立てればと思い、できる限りリハビリテーションについて書き込むことに決めました。

リハビリテーションは、開拓の分野です。

とはいえ、なんでもやればいいというものでもありません。試行錯誤は必要ですが、あくまでも対象者の治療効率が向上することが大事です。

ですので、この効率性をあげること 対象者に全霊を注ぐ 

この2点を私のリハビリテーションコンセプトにして、改めて知識を整理していきたいと思います。


改めてブログを復活させ、見ることができなかったなんてことのないよう、メルマガ登録していただいている方には、同じ内容のもの+α するときもありますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by kengou0820 | 2012-04-03 18:26 | トピックス

犬の認知症テスト

c0145975_204055.jpg


犬にも認知症のテストがあるみたいです。

ということは、脳萎縮みたいないわゆるアルツハイマーのようなことが犬にも起こるということですね。

愛犬がこんなことになるのは少々辛いですが、一つの知識としてもっておけば早期解決になるかもしれません。

なんでも予防が大事!!

人事と思わず、前もって知識を蓄えておけば、対応もできますしね。

ちなみに痴呆というのは、差別語になりますから、現在は認知症という言葉が主流です。

言葉にも気をつけなければですね。
[PR]

by kengou0820 | 2011-08-26 02:03 | トピックス

また地震・・・

昨日久しぶりに更新しようと、ブログをまとめていましたら、11時32分大きな地震が起きました。

約1ヶ月、復興に向け一歩踏み出したばかりなのに、あざ笑うかのように起こった余震。

私も、気持ちがふさぎこみまして、書くのを途中で止めてしまいました。


今日は、昨日の内容、環境の変化について改めて述べたいと思います。

ウルラブに環境の変化を与えたところ、いたずらの頻度が減りました。

ということは、同じ環境でしつけを行うよりも何か場所を替えたりして変化を与えて行うと、効果を上げることができるのかもしれませんね。

リハビリにおいても、こうした配慮を行ってみたいと思います。しかし、新しい環境は私自身もなじんでいませんので、上手くいくとは限りませんが・・・。

しかし、毎回同じメニューで同じ時間で行うより、いつも何か違ったメニューを行うと、反応が違ったりするのは間違いありません。

これは、刺激に順応すると反応しなくなるので、少しでも違った刺激を積み重ねることが大きな成果を生み出すのかもしれませんね。

リハビリにこうした配慮も必要と言うことです。
[PR]

by kengou0820 | 2011-04-08 20:47 | トピックス