犬にとって本当に暮らしやすいところは・・・?

先日のliving with dogsで、入院中に体験した記事が書かれていました。
内容によると、近所の犬が夜通し吠えるということで、誰もとがめることがなく、他の入院患者に大きなストレスを与えているということでした。

犬自体、本来群れで暮らす動物なので、ひとりぼっちは不安になります。

独立心の強い犬種や性格の持つ犬であれば、ストレスは感じにくいそうですが、やはり飼い主のそばにいたいと思っているそうです。

庭ではのびのび過ごすことはできますが、道に面した場所で常に通行人などにさらされる場合、鎖でつながれている状況では、敵から逃げることも出来ないので、不安や恐怖にさらされ常にストレスを感じている状況です。

犬は、自分を守るため・飼い主を守るため、必死になって吠えているとしても、そのことが理解の出来ない人間にとっては厄介ごとになります。

大型犬であろうと小型犬であろうと住むべき場所は、やはり室内であるべきかと思います。

理由としては、

①コミュニケーションが取れる

②身体の異常にいち早く気づける

③室内の方が温度管理がしやすい

が考えられます。

ということで、犬を飼う前にこうした様々なことは知っておかなければならないことを改めて痛感しました。

犬とは、言葉ではコミュニケーションは絶対取れません。

しかしながら、周囲の環境面を考えてあげるだけで、それが非言語的コミュニケーションとなる可能性が非常に高いと思います。
[PR]

by kengou0820 | 2008-11-24 22:02