下の階で起こっていた許せない虐待行為

 今living with dogsの記事を読んでいました。

 新着記事に虐待のケースが書いてあり、憤りを感じています。

 こういう飼い主には、きちんとした制裁が必要なのに、書類送検・・・。悔しいです。明らかにずさんといえる飼い方が記載されていました。自分の飼っている大切な犬に虐待をするだけでなく、殺すことができますか?明らかに非人道的で、どういう背景があって精神的に異常だとしても絶対許される行為ではありません。それなら、自分で自分を殺せ!!って思います。

 それはさておき、私は3階建てマンションの302号室に住んでいます。その下の階で、犬の虐待と思える行為が行われています。

 ドンドンと壁を叩く音、それに伴う犬の悲痛な鳴き声(おそらく壁に叩きつけているのかも・・・。)
それが30分間ぐらいは続きました。そこには若い男(明らかに言動が子供っぽい成人男性)と女性が住んでいます。

 少なくとも週に2~3回は行っていましたが、先日朝・夜と散歩しているときに偶然出くわし、私がかわいがる姿をずっとみていました。私は、その人が虐待行為をしている張本人と知っていましたので、しきりに犬をかわいがる姿を投げかけるように見せていました。

 すると、それが全てとはいえませんが、ここ2週間は虐待と思われる様子もなく、部屋には電気が常についているし、車もあるのでいることは確かなのですが、そういう様子は見られません。

 こういう環境って大事だと思いました。私自身も普段から犬と生活することに真剣に考えていますし、こうした行為が日常茶飯事で周囲が行っていれば、自然にそうなる要素もあるのでは、って思えたんです。その人の受け入れ方にもよるとは思いますが、身近にいる人たちも注意してあげることが、一つの介入になるかもしれませんね。

 living with dogsさんは、「犬は飼い主を選べない」とおっしゃっています。飼う動機はどうあれ、それが責任を伴うのは間違いありません。少しでもそういう心がけを持つ方だけが、飼える環境つくりも大事ですね。

 ブログを書くに連れて犬に対する懺悔の気持ちと、逆に感謝の気持ちが毎日感じられるって本当に私はいい経験をさせてもらっていると思います。 
 
[PR]

by kengou0820 | 2007-12-08 01:49