障害犬のたくましさ

 日々障害犬に携わり、彼らのたくましさには心惹かれます。

 できないことができるようになった喜びは、本人もそうですが、彼らに関わる飼い主さん、そして当然ながら、私も感じています。

 彼らは動くことを望んでいます。そして、動きたい欲求は持ち続けています。

 そんな彼らに介助することで得られた大きな経験を、常に謙虚な気持ちで受け止め、これからも頑張っていきたいと思います。

 ところで、パピーちゃんは前日飼い主さんから連絡があり、別の日にして欲しいとの事で、金曜日に行ってきます。またアップするので見てください。

 ナナちゃんは、治療場が飼い主さんの仕事場であるため、これ以上の迷惑はかけられないと思い、次回の治療で最後とすることにしました。

 しかしながら、ナナちゃんは、最初に比べると、動くことに本当に喜びを得てくれたようです。体幹もしっかりとして、歩くことができるかもしれません。後は飼い主さんに託してハーネスを使ってどんどん歩かせて欲しいと思います。

 日に日にたくましくなる彼らの姿は本当に輝かしいものです。

 こんな私の介助でも、気持ちが通じれば活路があることが分かりました。

 これからも、障害犬の心と体のケアを頑張っていきたいですね。
[PR]

by kengou0820 | 2008-02-27 22:21 | トピックス