まめちゃんの脚伸び始めています

 今日は朝から雨。5時半現在もやむことなく降り続けています。

 そんな中、10時半ごろ、まめちゃんが来られます。

 今日は写真を撮っていませんので、文章で伝えられる範囲で、頑張って示して行こうと思います。

 脚についてですが、ナックリングということは皆様もご存知だと思います。

 床に対して、肉球のある足裏がきちんとつかない状態で、そのため、股関節のあたりの筋肉もきちんと働かない状態です。

 私たちが、また皆さんが足首を痛めた状態を想像してみてください。また、痛めたことがある人なら分かると思いますが、足関節がまともにつけない状態では、股関節(つまりお尻)を上手く使うことが出来ず、体重をかけないように破行を示します。

 この歩容では脚の感覚が悪くなりますので、筋肉も下肢の感覚に合わせてその働きを制限し始めます。
 
 この状態が長く続くと、筋肉の萎縮が起こり始めます。しかしながら、神経系の障害を持った症例では、感覚の障害もありますので、この状態をウィークネスマッスルというわけです。

 さて、話は替わりますが、今日のまめちゃんのポイントは、後肢機能の改善(筋の長さを再獲得する)です。
 
 まめちゃんの左脚は、かなり短縮した状態でまともに床につくことができません。更に仮に脚が着いた状態でも、感覚が働かないためか、股関節周囲の緊張がなかなか高まりません。

 まずは、肉球の刺激と関節をこまめに動かし、少しずつ伸びていくように働きかけます。右脚はかなりいい状態になってきましたので、三肢刺激を中心に立位保持の練習を行ないました。

 左脚に関しては、もう少し練習が必要です。ただ、飼い主さんがこまめに練習を重ねていただいているので、関節は伸びるようになっています。

 このように、練習風景を見ていただきながら実感していただくことは非常に大事ですね。

 練習時間は、1時間以上にも及びますが、まめちゃんの集中力は以前よりも高くなり、注意が脚のほうに向くことが多くなりました。

 自分がされていることに対して、何かを感じようとしている表れかもしれません。

 トリミングテーブルの上で行なっているということもありますが、かなりの集中力に今後が楽しみですね。

 今回は、

→脚をしっかり伸ばす(肉球に刺激を入れる)
→少しずつ荷重していく
→立つ姿勢をとったらお尻などを刺激していく(四肢で立つ時間をとにかく長く)
→三肢刺激・後肢刺激などバリエーションを変えて、荷重に対し注意を向かせる

 ことを行ないました。

 また、今度のときにどう彼が変化していくかが非常に楽しみですね016.gif
[PR]

by kengou0820 | 2008-06-22 17:50 | リハビリテーション実践日記