2011年 03月 08日 ( 1 )

自然な力

犬には自然な力が宿っていると聞いています。

自然に培われている力を引き出すには、いくつか要因があるとのことですが、その一つに食事です。

犬は、嗅覚が発達していますが、毎回同じものを食べていると、適応行動の変容性が乏しくなるそうです。

これは、もしかすると、疾患を帯びてしまった犬にも何か特徴はあるかもしれません。

つまり、手足や体幹の動きが制限されるということは、食事などをする行為もしくは、口腔器官そのものにも何かしら影響を及ぼすのではないかという仮説です。

これをモニターとして様々な症例のオーナーさんに聴取してみたいと思います。

リハビリでは、こうした仮説検証作業を繰り返し、それをエビデンスとして残していきます。

また、何かしら報告します。そして、何かしらかかわりがあるとしたら、リハビリテーションにおいても導入の余地がありそうなので、実践していこうと思います。001.gif
[PR]

by kengou0820 | 2011-03-08 23:19 | リハビリの研究~文献抄読~