<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ごはんの調理方法

今一番悩んでいるのは、犬のごはんを作るときのその調理方法です。

私は、犬の食べる反応を主としていますので、色々試行錯誤しながら行なっています。

おかげで夏ばてもすることなく、本当に元気なのは食事のおかげ??

いまや最低5品目は入れるようにして、なんだか人間の私よりもいいものを食べている??

にんじん・かぼちゃ・きゃべつ・さつまいも・なすび・ピーマン・鳥のささ身・もやし・豆腐またはおからをベースとした炒め物または、おかゆ系を作っています。

これらは、彼らがそのままでも食べれるものもありますが、様々な調理法により食べてくれるものもあります。

特ににんじん・かぼちゃなどは、あまり食べようとしませんので、細かく刻んでゆでることで、柔らかくなると食べてくれます。

このように、食べてくれないときは調理方法を変えて様子を見るのがベターです。

体にいいものといっても、犬には通じないので、調理方法を変えてあげることで、通じるものがあるのかもしれません。

ゆでる→炒めることが私の犬にとっては王道ですが、暑い日が続いていますので、何か別の方法も考えてみます。
[PR]

by kengou0820 | 2009-07-29 23:36

いつもと違う甘え方には注意!?

犬には本当に頭が上がります・・・。

先日夏休みを終えたばかりの私は、翌日の金曜日あたりから急激にめまいに襲われる始末・・・・。

何をしても、すぐにめまいを起こし、仕事こそ休みはしませんでしたが、これは疲れか・・・?というぐらい極端なものでした。

異常を起こす前日に、やたらと甘えてくる二匹があり、以前もこういうことがあったので、何だかいやな予感が・・・。って、不安は的中しました。

本当に彼らはすごい能力を持っているんですね。

改めて犬の持つ能力のすごさを感じました。

そんな彼らと撮ったベストショットです。

いつも側にいて、私を励ましてくれる彼らの顔は、犬とは思えない何かを秘めた表情をしているときがあります。

まるで、誰かの生まれ変わりか、誰かの意思を持っているのか・・・・。

犬は亡くなっても、その魂は飼い主の側を離れることは決してないと本で読みました。

犬の不思議な力はその肉体が尽き果てても、飼い主の心に宿るそうです。

人間の異常をいち早く感じ取り、そしてそれ癒そうと全身全霊を尽くす彼らの不思議な行動は、決して犬を飼わない人にはわからないでしょう。

c0145975_22505426.jpg


c0145975_22512054.jpg

[PR]

by kengou0820 | 2009-07-27 23:01 | 愛犬・犬を綴る

いつもの公園がお好き

今日は公園巡りについてです。

公園巡りは、二人にとって大の大好き。

特に万力公園は、散歩コースとしては最適で、他の犬連れの人も比較的マナーを守っているので安心・安全です。

c0145975_20244358.jpg


↑ これは、万力公園で遊んでいる様子です。朝一・暑いということもあり、人はほとんどいませんでした。ですので、約1時間は走り回っていました。

c0145975_20251090.jpg


↑ この写真は、大和村というところで見つけた人のいない公園です。公園とは書いてありましたが、整備されておらず、草がぼさぼさでしたが、散歩にはよさそうな公園でした。

c0145975_20253365.jpg


↑ ここでは、2時間ぐらい遊ばせました。だから、この日は彼らがぐったりしていたのです。

私もぐったりでしたが、何だか嬉しそうに走る姿を見ていると、日頃の疲れも取れてしまいました。

また、来てあげて思う存分三人の時間を楽しみたいですね!
[PR]

by kengou0820 | 2009-07-26 20:33

おススメの夜景スポット

皆さんは、辛い時にどう過ごしますか??

私はズバリ夜景を何時間も見て、色々と考えることに尽きます。

今日は、そんな夜景を昼景ではありますが、ウル・ラブといってきました。

c0145975_21141176.jpg


私の好きな夜景は、昼間はこんな姿でした・・・。

c0145975_2114366.jpg


でも、向こうまで広く確認できる景色はここならではですね。

また、癒されたので今日は約3時間ウル・ラブと走り回りました!

c0145975_2115683.jpg


走った後のウル。少し放心状態・・・。

c0145975_21152542.jpg


若いラブは走り足りなさそうな顔していますね。私は十分です・・・。

こんな顔久しぶりに見ました。

今日も、帰って散歩には行きましたが、やはり昨日の疲れかもう眠っています・・・。

この顔をいつまで見れるかは分かりませんが、遠出はできなかったものの、彼らの表情を見ていると少し嬉しかったのかなあ・・なんて思ったりしてまた仕事に頑張れることができました。

なんだか、自分たちだけが納得するのではなく、私も納得させてくれる彼らの力ってやはり本当にすごいですね。

ああ!ちなみにこのスポットが確認できるのは山梨県の国道20号と旧20号の接地地点のところで、少し山沿いの道路を勝沼→塩山のほうに向かっていく道路のすぐ脇です。
[PR]

by kengou0820 | 2009-07-24 21:24

夏休み

今日は、夏休み最終日!!といっても、二日しかなかったわけですが、昨日は用事で一緒に出かけることができず、今日のみとなってしまいました・・・。

ということで、朝から彼らと行動し、雨も降ったり止んだりだったので、ドライブが中心に!

山梨周辺となってしまいましたが、彼らの散歩コースや、新たに発見した自然に囲まれた公園、そして景色のよい散歩コースでのショットを撮りましたので、後日アップしたいと思います。

ところで、この二日間、私自身も本当に疲れが取れてリフレッシュしました。

少し痛かった体も治り、また明日から仕事を頑張りたいと思います。

今日のウルたちは、本当に走りまわっていました。

彼らの走る姿を見ていると、何だか幸せな気持ちになりました。

今は、二匹が寄り添って、布団でベターっと横たわっています。

声をかけても、あまりいい反応がありません。眠っているようです。zzz

というのも、二匹に二人で1時間かけて筋肉をしっかりほぐしてあげたからかもしれません。

犬の中ではいつも疲れが出やすい頚部周辺の筋肉・前脚の後ろ側(肩に近い上腕三頭筋)の筋肉・顔輪筋・耳周辺(特に付け根)は動かしてあげると喜ぶポイントです。

ぜひ試してください。

来週は、動物病院にも行きますし、休んでいる間も手は休ませてはならないと彼らを相手に練習!!

でも、犬のほうも日頃のストレスが解消されたようで一石二鳥!

今後ともよろしくね!ウルラブ053.gif
[PR]

by kengou0820 | 2009-07-23 18:59 | 愛犬・犬を綴る

暑い夏

一昨日、甲信越地方も梅雨が明け、いよいよ夏が本格化してきました!

とはいえ、相変わらずウル・ラブは元気に走り回っています。

が・・・、

やはり、動いていない日中は、私のいない部屋でこの暑い状況を不憫に思い、恒例のクーラーを入れて熱中症対策です。

帰ってくると、やはり気持ちがいいのでしょうか、クーラーを入れていない日よりも元気に走り回っていました。

今年の夏も暑くなりそうですが、来週の夏休みは朝から出かけて日帰り旅行(といっても山梨県内でしょうけど・・・。)をする予定です。さすらいの旅・成り行きの旅で止まったところで、色々と散策してみようと思います。

数少ない休みの中で、もう一度、彼らの恩を感じながら時間を共有し、感謝の気持ちを思い出そうと考えています。
[PR]

by kengou0820 | 2009-07-17 23:50 | 愛犬・犬を綴る

ハムストリングスの重要性

今日は、高齢犬に対しての考察を入れたいと思います。

まずは、犬と関わって感じたことを述べていきます。

私の関わる症例は高齢犬が圧倒的に多いのですが、そのほとんどが高齢による筋力の低下などが日常生活動作に支障をきたしているのがほとんどです。

しかし、ある筋肉をしっかりと活動させることで、散歩を含めて日常の動作に向上を認めています。

まずは、いつもの下図を・・・。

c0145975_23394659.jpg


太腿の後ろの筋肉に注目してください。

そこに、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋の踵骨(人間で言うアキレス腱の直上)の部分があると思います。

犬は4つ脚ですので、腹部と背部の筋肉が重要ばかりと思っていましたが、この部分に着目して集中的にトレーニングを行ったところ、ほとんどの犬が散歩量の増大や、階段昇降の実現など生活場面での変化に到達することができるようになりました。

これらの筋肉は総称してハムストリングスといいます。

膝蓋骨脱臼などの膝障害の症例もそうですが、このハムストリングスの活性化は、犬の姿勢を変えることのできる、そして生活の質を高めることのできる筋肉である可能性が非常に高いということです。

これは追って分析を試みてみますが、ほぼ間違いないと思っています。


そして、この筋肉は実は人でも重要な筋肉なのです。

姿勢を保つ意味で、この最近コアマッスルという言葉が多く聞かれます。

コアとは”核”という意味ですが、姿勢を保つ意味で核となる筋肉であると理解しています。

姿勢を保つということは力だけでなく、変化に対しての調整力も含まれます。

そこに一役買っているのが、このハムストリングスといわれています。

私もトレーニングを行っていますが、この筋肉を鍛えることでバランスが良くなり、臀部周辺の筋肉も締まってきました。

このように自分で実践していることが、実は現場でも活かされている、つまり人で考えていることが犬にも応用できることが最近少しずつ経験されてきています。

色々な知識・技術が違う分野でも活かされることができるというのは、本当に楽しいものですね!003.gif
[PR]

by kengou0820 | 2009-07-16 00:03 | リハビリテーション実践日記

とうふチャンプル

今日は、新しいレシピを作りましたので、ご紹介します。

うちの犬は、もやしやピーマンも食べられることが発覚!!

タンパク質の豆腐を交えて何か作れないものか検討しました。

すると・・・、ちょうど料理番組でゴーヤチャンプルが紹介されていたので、これを応用してみました。

名付けて「とうふチャンプル」

c0145975_2393765.jpg




これが、とうふチャンプルです。

内容は、もやし・とうふ・ピーマン(ゴーヤの替わり??)・豚肉・鳥のささみ・にんじん・きゃべつを入れて、オリーブオイルを少したらして、軽く炒めて調理。

二匹とも非常に食いつきがよく、食べる勢いが半端ではありませんでした。

おいしかったのか、後で満足してぐっすりです・・・zzzZZZ。

c0145975_23154147.jpg


新メニュー作成のため、明日も合間をぬって、買い物に出かけようと思います!
[PR]

by kengou0820 | 2009-07-09 23:16

変化する機能

皆様こんばんは。

先日は7件のわんちゃんのリハビリテーションを実施してきました。

率直に言うと、多くの子に効果が見られている状況です。

効果がでていると感じているのは、私だけではありません。

もちろん、飼い主さんも実感していただいています。そうじゃないとただの自己満足ですからね。


多くの症例は、私が月に3度が限界の関わりの中で、効果を実感していただけるというのは、

一つは、飼い主さんに効果的に自主訓練を行っていただいていることが一番でしょう。

もう一つは、飼い主さんに行っていただける方法を犬を通して評価し、プログラムを作成できるシステムができたということです。

これにより、数少ないリハビリテーションの中でも効果をあげることができるようになりました。

毎日行うこともいいとは思いますが、質的なことを考えたときに、その中身を考える必要が当然あります。

限られた時間の中で、最低限行えること・オーナーに託すものを細分化しなければなりません。

これができるのは、医師ではなく、理学療法士であると思っています。


人間も変化する機能は当然潜在的に持っていますが、犬はそれ以上にコントロールできる要素があると思っています。

犬も会う毎に本当に変化しています。

そのときに全く印象が異なる子もいます。

その変化していくことに対して、俊敏に対応しなければなりませんので、改めて評価を行うわけです。

これが、本来のリハビリテーションなのです。

針灸・マッサージのその場しのぎの対応ではなく、犬の全てを考慮したプログラムが必要なのです。

それが、結果的に犬の潜在能力を発揮する条件となるのです。

月に数回しか行かなかったとしても、本当に良くなっていくシステムが可能となれば多くの障害犬を救えることになるでしょう。

そんな日が来るまで、日々奮闘したいと思います。
[PR]

by kengou0820 | 2009-07-08 21:31 | リハビリテーション実践日記

見つめあうことの意義

c0145975_219155.jpg


久しぶりです。今日は、いきなりのウルとラブの写真です。

彼らが私をズーっと見つめています。

犬は、飼い主との信頼関係が深ければ深いほど見つめてきます。

私もずっと見つめると、彼らも見つめます。

われわれと犬は、その歴史の中で長い間共存してきましたが、コミュニケーションが言語では難しいだけに、こうした見つめあいという行為の中で、コミュニケーションを成立してきたのかもしれません。

ある意味、スキンシップなどの非言語的なコミュニケーションが取れることで、お互いの信頼を高めると同時に、目に見えない、口では言えない、聞けない何かをつかんでいると思います。

これには接触刺激が非常に重要ですし、接触できることで、彼らは信頼し、見つめます。

見つめると、信頼が強くなるほどオキシトシンという物質がでます。

これは、前回のブログでも紹介しましたが、彼らとコミュニケーションを取っていくには、一つ重要な要素となります。

ウルもラブもしっかり見つめてくれることで、非常にゆったりとした雰囲気を作ってくれます。

見つめた私も何だか幸せを感じます。

オキシトシンが出ているのですね!

常日頃から、見つめることが私たち人間だけでなく、犬のストレスも軽減させるきっかけとなるかもしれません。

ご飯のときなど、言うことを聞きやすい場面だけでも、見つめあうといいかもしれません!
[PR]

by kengou0820 | 2009-07-05 21:19 | トピックス