<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

慢性関節炎に挑む

ここ、数年で犬の世界にも浸透しようとしているリハビリテーション。

どのような世界にも必要性があるということを改めて認識させられたのと同時に、今後はその効果というものを実証していかなければなりません。

そのターゲットとしているのが、関節炎です。

ゴールデンやラブなど大型犬・チワワなどの小型犬に多く見られるのが特徴ですが、オーナーさんは一度こうした異常を持ってしまった場合、長期間不安と戦わなければなりません。

しかし、多くの場合、こうした症状を軽減させることは可能であると思っています。

一つには、「慢性痛症」というものを考えています。

そもそも痛みというのは、末梢組織に傷害がなくとも神経系に新たに生まれた可塑的な変容が源となって発生するものであり、身体が生理的機能を正常な恒常性のレベルへ回復させられるか、させられないかが問題となります。

ですので、組織が治っても急性痛が長引くものもあり、神経系のコントロールが必要なものが多いことにあります。

痛みがあるということは、それだけ無理な姿勢などを要求されます。つまり、痛みを回避するための行動が常に選択されるということです。これを、神経系が学習されるとちょっとした歪みなどの情報が痛みにつながる可能性があると思われます。

ですので、傷害が治っていたとしても、この神経系のコントロールが慢性関節炎において大事となるわけです。

これは、申し訳ありませんが、プールで泳いだり・歩いたりすることだけで治るということは、必ずしもありません。中には、本当にケアしていかないと、再発するにも関わらず、継続して運動のみを実施しているケースが多くありません。

こうした運動コントロールは、オーナーさんは分かるはずもなく、評判だけを聞きつけて、関節炎などの中身も知らないスタッフに運動を勧められ、また痛みを発症してしまう・・・。こんな悪循環を繰り返したケースもありました。

適切な身体に合わせた運動プログラムは、残念ながら獣医師や獣看護師ではなく、理学療法士しかできません。それも症状にあわせた個別的なリハビリテーションは、今後必ず必要です。

自分の愛犬をプールに入れる前にもう一度考え直しましょう・・・。

本当にそれが治るための運動として、適切なプロセスをたどっているかを・・・。
[PR]

by kengou0820 | 2009-09-27 23:19 | リハビリテーション実践日記

ごはんで・・・

最近のウルラブのご飯は、野菜:肉類などのたんぱく質:炭水化物=6:1:3という割合です。

内容はおかゆメインですが、もやしと豆腐があるときは、炒め物もします。

ですので、1回の買い物では・・・、

もやし・とうふ・にんじん・さつまいも・かぼちゃ・きゃべつ・豚肉・鶏肉あたりを購入し、

もやしととうふを使い切るまで、炒め物。

残りが尽きるまでおかゆとなります。

これだけの食材でおよそ15日間はもちますので、1日辺り私の金額は2匹で50円程度。

安くて、栄養があってがモットーですので、非常に助かっています。

炭水化物もだいぶ消化に慣れてきた様子で、下痢はなくなりました。

これからは、秋になりますので食材も変化をつけていきたいですね。

もっともっと、犬のことを調べてみていいレシピがありましたら、紹介しますね。
[PR]

by kengou0820 | 2009-09-24 22:03

ようやく一息・・・

こんばんは。ここに来てようやく私の時間をようやく持てた感じです。

この3週間休み日なく頑張れることができました。これも皆様の応援あってのことです。感謝です。

さて、動物病院ではこのところ3週連続というハードスケジュールをこなしてきましたが、症例はヘルニアなどの症例も含まれ、多彩になってきました。

できれば、なって欲しくないものですが、運命を抱えてしまった以上、私も改めて彼らの運命を変えなければなりません。

そう思うと、疲れなど吹き飛んでやらなきゃ!!って思えます。


今日は、普段勉強していたことを症例に活かした例を紹介します。

いきなりですが・・・、

加速度ってご存知ですよね・・・???

車を例に取ると、カーブを曲がるときに身体は遠心力で、曲がる方向とは逆に動きますが、頭部はまっすぐなバランスを立て直そうとするときは、ゆがんだ姿勢を自動的に補正します。

これがないと、身体の勢いに負けてバランスを失いますね。

また、電車の中でも同様です。

急ブレーキを踏まれても、身体はそちらの方向に流れますが、それを立て直そうとする反応は寝ていたとしても行えますね。


今回は、遊び心を付け加えて、この加速度に着目してみました。

症例は、ミニョンヌちゃんで、トイプードルの男の子です。

以前紹介したように、右足をつかないようにいつもしている子です。

現在は、歩くときはほぼついた状態で、走るときなどはほとんど足を浮かした状態です。

ヒントは、歩くときは足を使って、走るときは使わないということです。

これにひらめいた私は、トランポリンのように羽ばたかせてみました。もちろん受身は取らせますよ037.gif

そうすると、使えなかった右足をはねると同時に伸ばす方向へ促通され、足の力が出ると同時に張りも出てきました。

これには、試したわたしもびっくり。

その後の様子はまだ見ていませんが、あの足の使い方を見ている限りでは、普段でも使うチャンスが増えたのでは??と思います。

まだ、調べている段階ですが、前庭系の機能と、身体意識というか図式というかそんなところが関わってきていると思われます。

これについては、近日中にメールマガジンで詳しく書きたいと思います。001.gif
[PR]

by kengou0820 | 2009-09-18 23:59 | リハビリテーション実践日記

ここから3W連続!!

今週から3週間連続でリハビリ実施です。

経過観察のワンちゃんも含め、期間を置いた症例の進歩度がどの程度か見極めないといけません。

このところ多いのが、「小型犬の十字靭帯損傷」です。

特に前十字靭帯が多く、私も最初は動かし方に注意しましたが、今ではレントゲンを少し確認し触診すれば、どの程度触っていいのか、動かしても大丈夫かがある程度分かってきました。

小型犬の整形疾患でもきわめて多い、この膝疾患。

見極めができるということは、それだけ治る期間も短縮されてくると思いますし、その中でさらに精度を高めた内容も作成できる可能性があります。

今回初めて診た症例は、1週間後→2週間後と経過が追えます。

ですので、この間にどれだけ変化が期待できるのか?そして、どこを行えば効果的かをさらに高めていくようにしていきます。

データ収集なども欠かせず行い、これからのリハビリテーションにおいて何か貢献できればいいですね。
[PR]

by kengou0820 | 2009-09-04 22:32 | リハビリテーション実践日記