<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2年です

障害犬のリハビリテーションに携わることができてもうじき2年になります。

当時は休みを利用し、モニターの方を集めて、リハビリをさせていただくことで経験をつみました。

そして、森先生と出会い本格的に獣医師と連携したアプローチが行えることで、多くの症例をこなすことができるようになり、また結果も出せるようになりました。

今年は、そのシステムがより多くの方に利用できるようにリハビリテーションというものをさらに進化させていきたいと思います。

主にリハビリテーションとは・・・・、

1.障害を持った症例に対し、評価を行うことで、症状を把握し、リハビリテーションプログラムを立てる。それを基にリハビリを実施していく

2.1.に対し評価が適切でなければ、再度評価を行い、それに基づいてリハビリテーションプログラムを立て直す。

3.常に実用的になっていくようなアプローチである。

この中でも3.が特に重要です。

近年ではICFといったものがあり、その中でも症例の実用性に合わせた評価・治療が行われるべきであると述べられています。

今リハビリと名乗られている業者において、これらの項目をしっかりと行えているところは残念ながらほとんどないと思います。

水治療法もそうですが、すべての犬が適していません。よって泳げば筋肉もつくとは限りません。

これについては先日もオーナーさんとお話したときに伝えました。

「泳げば筋肉がつくから泳いだほうがいいといわれました・・・。」

決して、その子が水泳に適しているかは分からないのです。

仮に、右足をかばって歩いている犬がいるとして、その状態で水に入ってもやはり右足の動きが悪かったとします。

その状態で、筋肉はつくでしょうか??

むしろ、かばっている左足の負担が大きくなるばかりのようでなりません。

仮に譲って筋肉がついたとしましょう。

しかし、それは水の中での話であり・・・、陸に上がった瞬間にまたかばっていたら・・・。

これではどんなに繰り返しても、悪循環を断ち切るアプローチとはいえません。

もし、水治療法を行うのであれば、それ相応の判断は必要なのです。

そして、かなり明確な目的が、計算の基に立てられなければなりません。

それができるのは・・・、皆さんが頼っている獣医師ではありません。

理学療法士です。

もちろん、それはリハビリテーションに関することです。

この先、どんな優秀な獣医師がリハビリを理解しようと勉強したとしても、理学療法士のしていることには、足元にも及ばないでしょう。

しかし、それは理学療法士が手術ができないのと同じです。

ここ最近、水治療法の否定ばかりを述べていますが、それ自体はすばらしいアイディアであると思います。

残念なのは、「リハビリ・イコール・水泳」という流れが定着していることなのです。

私自身、水治療を何かの形に考えています。

決して泳ぐだけではありません。

水の特性である、浮力を重力とは違った観点で考えていけば有効なリハビリプログラムに変化していくかもしれませんね。
[PR]

by kengou0820 | 2010-01-31 21:23 | リハビリテーション実践日記

節約志向へ・・・

去年は、節約生活に踏み入れたり、出て行ったりの連続でしたが、月20万弱の給料で3万5000円の貯蓄で何とか乗り切ることができました。

でも、金額的には貯蓄額が少ないですよね・・・。007.gif

色々付き合いもあり、それはそれで必ずいきたいので、仕方がない月もあったのですが・・・。

今年は4月から株式や外国通貨の購入などの金額増額を目標としています。

ですので、ある程度は切り詰めていかなくてはなりません。

まず、自動車については軽自動車に切り替え自動車税などの削減に成功、ローンについては今年の6月に終了しますので、この月より給料から5万円貯蓄に回します。

たばこもやめなきゃ・・・って、つい甘えてしまう自分がいて、どうにもこうにもやめれません。

先日、薬局のあるスーパーでニコチネルパッチを見ました。

犬のためにも禁煙を・・・って思うので、もう一度挑戦したいと考えています。

目標はお金の計算が必要となる4月にはやめたいと思っているしだいです。

たばこをやめられた人は、いい方法をコメントしていただけると、励みになりそうなんですが・・・。

と甘えてばかりはいけませんね!!

強い意志を持って頑張らないといけません!!
[PR]

by kengou0820 | 2010-01-31 21:00

久しぶりに3人揃って・・・

今日は、休養日でした。

日差しもよく、休みをまるで受け入れてくれたかのような気持ちにさせてくれました。

私自身の休養は、あまりに久しぶりで、太陽のまぶしさを忘れていた自分がいました。

家に帰ると、「何で帰ったの??」

とやや、困惑気味の2人037.gif


昼から例の公園に散歩。

走り回る2人の姿に私はうっとり・・・053.gif

ただ、今日はたたずむ私もいました。


2人の幸せな姿はいったいいつまで見れるのでしょうか・・・?

ふとそんなことを考えさせてくれた時間でした。

今日は貴重な時間でしたが、実は有給が一杯たまっていますので、来月と再来月は有効に活用させてもらおうと思います。

こんな時間も大切ですね。

本当に一時ですが、時間を忘れ、仕事を忘れ、自分の家族と時間をすごす・・・。

こんな簡単だけど、貴重でしかも、普段忙しい日常の中で忘れかけていた「思いやり」という言葉を思い出させてくれた気がします。

先日ラブが4歳になりました。

来月はウルが7歳です。

人生の半分が終わったということになります。

これからは、体が衰えていきます。

精一杯遊ばせて、精一杯生きさせて、私が死んだときに迎えに来てもらえるようにしないといけませんね058.gif
[PR]

by kengou0820 | 2010-01-30 00:17 | 愛犬・犬を綴る

水治療についてですが・・・

最近、障害犬の中で多くなっている水治療法について、今日は述べたいと思います。

私自身前回のブログで、水治療法を実施しました。

しかし、これは、目的があるからです。

現在、リハビリテーションというものは、その個人に合わせたプログラムというものを作成するために、動き方などを評価していくものです。

しかし、オーナーさんと話を進めていくと、やみくもに水治療法を実施しているような気がします。

ここで考えてほしいのは、本当に自分と生活しているワンちゃんが水治療法に向いているかということです。

犬は、生活のパートナーであり、大切な家族です。

でも、本当に結果は出ていますか??

結果といえば、私も不十分なものがあるため、何ともいえませんが、エクササイズの前と後にどうなったかきちんと説明していますか??

そのために十分な試行錯誤はされていますか??

ただ水の中に入れて泳ぐだけなら、家の浴槽で十分です。

大事な資材を投げ打っている以上、もう少し考えてほしいと思います。

それが、必ずしもそのワンちゃんに適しているとはいえないかもしれません。

その時に、後悔するのは必ずオーナーさんです。

そうなる前に、もう少し考えてみてください。

犬目線になって捉えてみてください。

実は、違うことを訴えようとしているかもしれません・・・。
[PR]

by kengou0820 | 2010-01-26 22:11 | トピックス

水治療を初めて実施

このところ、リハビリの進み具合に自分自身少し、疑問を持っていたダックスフンドのグーちゃんでしたが、今日は、私自身が自分のプランを変えてみることにしました。

ひとつは、少しでも姿勢を良くした状態で立ってられること。

これは、重力が関わると難しいので、車椅子を使用したりしていました。

たまに立てるのですが・・・・。

もうひとつは、後足の活性化です。

それも、少しでも動かす時間が増えること。

このプランが達成できそうなリハビリプログラムで思いついたのが、水の中での運動でした。

さっそくですが、まだこの病院にはプールがありません。

ですので、シンクにお湯を張って、その中で足を動かす練習をしてみました。

ダックスフンドですので、泳ぐ体型ではありませんから、腰湯ぐらいの半身浴で行ってみたところ、グーちゃんはほとんど暴れることなく、じっとたっていました。

水中でのリハビリというのは、私自身あまり好きではなかったのですが、これならリハビリ効果も期待できそうですし、脚の動き方や、その後の陸での立つ姿勢を見ていると、続けていく意味がありそうです。

こうした説明をオーナーさんに行い、その結果を医師に報告し、リハビリプログラムに加えました。

次回からは、水中でのリハビリ+足の活性化を図っていくプログラムでまた報告したいと思います。



そして、ゴールデンの子たちは、実施回数4回×実施時間1時間のリハビリで、散歩量アップ・痛みの軽減と薬物療法との兼ね合いがうまくいっている様子で、動きが良くなっているようです。

この調子が続くようであれば、月1回のリハビリに切り替え、やがて卒業へと道を歩んでいくことと思われます。

リハビリは、こうした個別性に合わせて、たとえ同じ犬種で同じ問題であったとしても、生きてきた背景が犬によって異なりますので、内容も個別に合わせたものでなければなりません。

でも、効果が出るということは、本当に嬉しいものです。

多くの障害犬が痛みや不自由のない生活になるようにこれからもがんばっていきたいと思います。
[PR]

by kengou0820 | 2010-01-20 22:34 | リハビリテーション実践日記

絶好調のゴールデン・ラブ

先日、動物病院で今年初仕事をしてきました。

調子の悪かったゴールデン・ラブの症例も、元気いっぱいで歩いたり、走ったりすることができるようになったそうで、私もうれしい限りです。

ですので、このまま調子が維持出来るようになった時は、自己管理方法をオーナーさんに伝達して卒業です。

こうした症例の活き活きとした表情が非常に印象として残っています。

何事にも動じない堂々とした姿は、もはや障害犬の印象は残っていません。

こんな表情ができるのだと、正直感動しました。

これからも、この顔がいろんな犬に見ることができるように頑張りたいと思います。
[PR]

by kengou0820 | 2010-01-10 21:33 | トピックス